ふりかけの試作(SDGsの取り組み)

先日、給食で使用しただしパックの中身を使ってふりかけを作ってみました。

パックの袋を破り、中身を出し、スチコンで焼きながら水分を飛ばし、そのあと、ごまを入れ塩で味を調整しました。だしが出たあとですが、まだまだかつおのいい味をしっかり感じることができました。

これから給食でも提供していきたいと思います。

ご家庭では、フライパンでパックの中身を乾煎りすると、無添加で減塩のふりかけを簡単に作ることができます。

あとは青のりやごまなど好きなものを足してオリジナルのふりかけを是非作ってみてください。

 

2021年6月15日更新

こちらの記事も読まれています。


2023年8月02日
保育参加…


2023年4月08日
そら組初めての坐禅!…


2021年9月15日
うんどう会リハーサル…


2023年1月26日
冬遊び…


2023年11月15日
創設者誕生祭…