ふりかけの試作(SDGsの取り組み)

先日、給食で使用しただしパックの中身を使ってふりかけを作ってみました。

パックの袋を破り、中身を出し、スチコンで焼きながら水分を飛ばし、そのあと、ごまを入れ塩で味を調整しました。だしが出たあとですが、まだまだかつおのいい味をしっかり感じることができました。

これから給食でも提供していきたいと思います。

ご家庭では、フライパンでパックの中身を乾煎りすると、無添加で減塩のふりかけを簡単に作ることができます。

あとは青のりやごまなど好きなものを足してオリジナルのふりかけを是非作ってみてください。

 

2021年6月15日更新

こちらの記事も読まれています。


2022年1月05日
2022年、あけまし…


2021年4月16日
多摩養育園 創立記念…


2021年4月09日
ほし組に進級して…


2021年4月24日
懇談会…


2021年4月02日
園庭遊び…